系譜を継ぐトレーニングシューズ が登場

エリウド・キプチョゲがマラソン2時間の壁を破ったことで知られるAir Zoom Alphafly Next%をベースに、日々の激しいトレーニングに使えるシューズとして設計されたモデル

 

〈Nike(ナイキ)〉からAir Zoom Alphafly Next%(エア ズーム アルファフライ ネクスト%)の系譜を受け継ぐトレーニングシューズ Air Zoom Tempo Next%(エア ズーム テンポ ネクスト%)が発表された。

アディダス イージーブースト 偽物:https://www.tote711.com/copyn-198-b0.html

非公式ながら試作品を着用したEliud Kipchoge(エリウド・キプチョゲ)がマラソン2時間の壁を破ったことで知られる、Air Zoom Alphafly Next%をベースに、日々の激しいトレーニングに使えるシューズとして設計されたAir Zoom Tempo Next%。本モデルの目的は“アスリートがスタートラインに立つ前に、効果的でより良いランニングのトレーニングができるようにすること”だという。現在の陸上界を支えているといっても過言ではない“Nike Next%(ナイキ ネクスト%)”システムは、トレーニング用に調整され、カーボンの代わりに合成素材を用いたプレートは、長距離でも快適に走れるよう柔らかめに。エネルギーリターンと反発性の高さを誇るZOOMX(ズームX)フォームが、中足部と前足部のプレートの下に配置され、かかとには耐久性の高いREACT(リアクト)フォームを搭載。Air Zoom Alphafly Next%と同様にZoom Air Pods(ズーム エア ポッド)前足部にも使われており、反発感のあるクッショニングや足が前に進む感覚をもたらす。

 

また、同時展開となるAir Zoom Tempo Next% Flyease(エア ズーム テンポ ネクスト% フライイーズ)は、さまざまなアスリートのニーズに応えるため、ヒール部分が折りたためる構造となっており、サンダルのように足をスライドし、ヒールを踏みながらシューズを履くことが可能に。

 

Air Zoom Tempo Next%は、8月27日(木)に『NIKE.COM』『NRCアプリ』『NIKEアプリ』などで発売。一方のAir Zoom Tempo Next% Flyeaseは、8月27日(木)にウィメンズモデルが、9月10日(木)にメンズモデルが販売開始となる。